疲労疲労回復と言えば!クエン酸の効果や飲み方、副作用を徹底ガイド

 

スーパーや薬局でも売られているクエン酸。疲労回復に効果がある成分だと広く知られるところとなっていますが、なぜ疲労回復に効果があるのか、他にはどんな効果が期待できるのかを解説します。

 

クエン酸の効果や副作用についてて【目次】

 

クエン酸の疲労回復効果


 

以前は、クエン酸は乳酸を分解したり、乳酸の発生を抑えることから疲労回復・軽減に効果があると考えられていました。しかし近年では、疲労の原因は乳酸ではなく、活性酸素などによる細胞や筋肉の酸化だという説が有力となっており、乳酸が疲労の原因という考え方は否定されています。

 

ただ、クエン酸の疲労回復効果が否定された訳では無く、ATP(アデノシン三リン酸)を生成する作用から疲労回復に効果的だと考えられています。ATPとは体を動かす際のエネルギーの源。エネルギー源になるだけでなく、活性酸素によってダメージを受けた細胞を修復する働きもあり、疲労回復にも効果的だと考えられています。

 

クエン酸を摂取することでATPの生成が活発になるので、その結果疲労回復・軽減効果が期待できると言われています。筋トレ中のエネルギー源にもなるATPの生成量が増えれば、トレーニング中のパフォーマンス向上にも繋がります。

 

クエン酸回路(TCA回路)とは?

 

クエン酸回路とはミトコンドリア内で起こる反応で、簡単に説明すると、脂質・タンパク質・糖質からATPを作り出すエネルギー生成過程になります。

 

脂質は脂肪酸、タンパク質はアミノ酸、糖質はグルコースとして体内に存在しますが、これらを原料として『アセチルCoA』という物質が作られます。この『アセチルCoA』がクエン酸回路内で酸化され、水や二酸化炭素と一緒にNADH、FADH2、GTPというATPの元になる物質を生み出します。

 

更にNADH、FADH2、GTPが電子伝達系でATPに合成されるのですが、この生成過程でクエン酸が重要な役割を果たしています。『アセチルCoA』はクエン酸回路内でクエン酸となり、その後水や二酸化炭素、NADH、FADH2、GTPを生成するので、クエン酸を摂取することはATPの生成にプラスになると考えられています。

 

クエン酸のその他の効果


クエン酸と言えば疲労回復の印象が強いかも知れませんが、他にも以下のような効果があると言われています。

 

食欲増進効果

レモンなどの柑橘類や梅干しなどの酸っぱい食品に含まれているクエン酸。あの酸っぱさはクエン酸が原因なのですが、酸っぱいものを食べると唾液が出てきますよね。唾液だけでなく胃液の分泌も活発になり、胃の活動を促進する効果があるクエン酸。食欲の増進に効果があると言われています。

 

筋肉を付けようと思ったら筋トレやサプリメントだけでなく、十分な量の食事も欠かせない。夏場の食欲が落ちやすい時期に特に、クエン酸による食欲増進効果はプラスに働くでしょう。

 

尿酸値を下げる(痛風の予防・改善)

クエン酸は尿のpHを下げ、弱酸性化する働きがあると言われています。尿の酸性度が低いほうが尿酸は尿中に溶けやすく、体外に排出されやすくなります。

 

そのため、尿酸値を下げる効果が期待できます。尿酸がうまく体外に排出出来ないと、痛風の原因になります。また尿路結石も出来やすくなり、腎臓にも悪影響が出ると言われています。クエン酸を摂取することで尿路結石の予防や痛風改善といった効果が期待できます。

 

血液をサラサラにする

クエン酸は尿だけでなく、血液の酸性度を下げる効果もあると言われています。酸性に傾いた血液はドロドロしていて、動脈硬化の原因や高血圧などの症状を引き起こす可能性があります。

 

クエン酸を摂取して血流が良くなれば栄養の循環や代謝も良くなり、筋肉を増やすためにも、ダイエットにも効果的。肩こりや腰痛、冷え性のの改善効果も期待できます。

 

ミネラル・ビタミンB群の吸収促進

生命維持のために不可欠な栄養素であるミネラル。カルシウムや鉄などのミネラル類は単体では吸収されにくいと言われています。クエン酸はこれらのミネラルの吸収を助ける効果があると言われています。これを【キレート効果】と呼び、ミネラルの吸収が良くなれば骨粗鬆症や貧血の予防にも効果が期待できます。

 

ミネラルが含まれているサプリメントにはクエン酸も一緒に配合されていることが多いのは、この【キレート効果】のためです。更にビタミンB群の吸収をサポートする効果もあると言われているので、マッスルエレメンツHMBに含まれているビタミンB2やビタミンB6、ビタミンB12などもより効率よく体内に吸収されるでしょう。

 

クエン酸についてまとめ


食用・サプリメントとしてだけでなく、掃除にも役立つクエン酸。ATPの合成促進や血流の改善、栄養素の取り込みを強化すると言った働きで、体つくりに効果を発揮します。マッスルエレメンツHMBにはクエン酸も配合されているので、飲むことでトレーニング中のパフォーマンスアップや大きな体つくりに効果が期待できます。

 

⇒クエン酸も摂取出来るマッスルエレメンツ詳細