サプリを飲んで分かったHMBの飲み方と効果に関する本音口コミ

 

発見されたのは1996年、日本に上陸したのは2010年とまだ販売されるようになって間もないHMB。しかし筋肉サプリメントブームの火付け役となった成分であり、筋肉の合成を促進する効果と、トレーニングで筋肉が分解するのを防ぐ効果があります。

 

プロテインやクレアチン、BCAAに比べるとまだ研究の歴史も浅いHMB。聞き慣れないサプリメントだけに使用方法に戸惑う方もいるでしょう。コチラの記事を読んだ上で、効率よくHMBを摂取しましょう。

 

HMBについての効果と副作用について【目次】

 

HMBの効果とは?食品では摂取出来ないの?


 

HMBとは必須アミノ酸であるロイシンを摂取することで体内で生み出される物質。正式名称をβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸と言い、筋肉を大きくするためのスイッチのような働きをします。

 

直接筋肉の原料になるわけではありませんが、HMBを摂取することで筋トレ中に筋肉が分解してしまうのを抑える効果や、筋トレ後に筋肉が再合成するのを手助けする効果があり、体つくりに非常に効果的だと言われています。

 

HMB1gを体内で生合成するには、約20gものロイシンが必要。卵で考えると約28個、牛乳だと約4リットルという量になります。

 

現実的にはそれだけの量を摂取する事は困難なので、サプリメントでの摂取が効率的。アメリカでは以前からアスリートやボディビルダー、パワーリフターがHMBを愛用していますが、日本で販売されるようになったのは2010年からなので、プロテインやクレアチンに比べるとまだまだ歴史が浅いサプリメントです。

 

マッスルエレメンツHMBなら6粒で1500mgものHMBが摂取出来るので、非常に効率的ですよね。

 

HMBの飲み方と飲むタイミング


 

HMBを飲むのに適切なタイミングは、筋トレ後、筋トレ前、食後になります。筋トレをする日としない日に分けて、それぞれ解説します。

 

筋トレ後にHMBを飲んで修復を促進

筋トレが終わった後にプロテインを飲むのが効果的であるように、HMBも筋トレの後に飲むのがおすすめ。プロテインや他のサプリメントと一緒に飲むのも良いでしょう。

 

筋トレで壊れてしまった筋肉を修復するためにマッスルエレメンツHMBは大いに役立つと思います。

 

筋トレ前にHMBを飲んで筋肉の分解を抑制

マッスルエレメンツHMBにはHMB以外にもBCAAやアミノ酸が含まれているので、トレーニング前の摂取もおすすめ。HMBを始めとした豊富なアミノ酸が、トレーニングで筋肉が分解するのを防いでくれることでしょう。

 

筋トレをしない日は食後にHMBを摂取

 

筋トレをしない日であれば、胃酸の影響を受けにくい食後の摂取がおすすめ。筋トレをしない日であっても筋肉は作られていますので、可能であれば毎食後にHMBを摂るようにすると、より効果を実感できるでしょう。

 

HMBの摂取量


マッスルエレメンツHMBでは、6粒で1500mgのHMBが摂取できます。基本的にはこの摂取量を守っていれば良いと思いますが、更に効果を上げたい場合、12粒まで摂取しても良いでしょう。

 

最も効果があるHMBの摂取量は1日3gであり、それを越えてもかえって効果が薄まってしまうという研究もあるので、短期間で成果を得たいなら、1日3gを上限として摂取量を調整するようにしてみて下さい。

 

マッスルエレメンツHMBに含まれているHMB


 

以上のように筋肉の向上に大きな効果があるHMB。ただし、残念ながら海外の安いサプリメントは不純物が多く、十分な効果は見込めません。国内の製品に関しても、海外製のHMBを使っているのであれば同じこと。特に中国産のHMBは粗悪品が多いので注意が必要です。どうせ摂取するなら高品質のHMBを摂りたいですよね。

 

マッスルエレメンツHMBの主成分は小林香料製のHMBCa(HMBカルシウム)。100%純国産のHMBであり、 機能性表示食品届け出の小林HMBと同じHMBCaを使用しています。

 

マッスルエレメンツHMBが機能性食品届け出を出しているわけではありませんが、同じ原料を使っているということでかなり信頼度は高いのではと思います。

 

管理人のHMBサプリメント体験談@”HMB+EAA”


僕が以前に飲んでいたのはHMB+EAAというサプリメント。

 

EAA+HMB

 

錠剤タイプではなく、水に溶かすタイプのサプリメントでした。パワーリフティングの大会前に、少しでも体重を増やそうと摂取したのですが、約6000円のサプリメントが2週間くらいで無くなってしまいました…。(Amazonで見たら結構安くなっていました。)

 

推奨摂取量よりも多めに摂ったとは言え、お財布には厳しいです。短期間の摂取だったので効果があったのかは分かりませんが、あの価格のサプリメントを長期間摂取するのはなかなかしんどいのも事実。

 

なおその商品のHMB含有量は1回の推奨摂取量である8g中に1500mg。内容量は180gなので、23日で飲みきる計算。同じ量のHMBを摂取するとしたら、約一週間分マッスルエレメンツHMBの方がお買い得な計算になりますね。

 

管理人のHMBサプリメント体験談A”ビルドマッスルHMB”


 

体験談@から約2年の時を経て、『ビルドマッスルHMB』を購入して1ヶ月試してみました。その後にマッスルエレメンツHMBを飲み始めたのですが、ビルドマッスルHMBの体験談はこちらで詳しく書いています。

 

⇒マッスルエレメンツとビルドマッスルを徹底比較

 

HMBについてまとめ


HMBを摂取することで筋トレの効果を更に引き出すことが出来ます。なお、HMBはクレアチンと一緒に摂取することで更にお互いの効果を引き出すことが出来るので、両方の成分が配合されているマッスルエレメンツHMBは非常に理にかなったサプリメントだと言えます。初月は送料のみでお試しできるので、まだライバルが知らないこの成分で身体に差をつけませんか?

 

⇒マッスルエレメンツHMBが初月93%OFFで買えるサイトを紹介したトップページ