アンチエイジングにも効果的?コエンザイムQ10の効果や副作用

 

マッスルエレメンツHMBに含まれているコエンザイムQ10はアンチエイジングに効果的だと言われている成分。“ユビキノン(ubiquinone) ”や”CoQ10”の別称で呼ばれることもある、肉類や魚介類などの食品に含まれている脂溶性の物質です。”補酵素”とも呼ばれエネルギー生成や心身を若く保つために重要なコエンザイムQ10について、詳しくみていきましょう。

 

コエンザイムQ10の効果や副作用について【目次】

 

コエンザイムQ10の働きと効果


 

糖尿病や高血圧の改善、生活習慣病の予防やいびきの解消など、その効果は多岐にわたるコエンザイムQ10。大きく分類すると、以下の二つの働きが期待できます。

 

ATPの合成を促進する

体を動かす原料となるATP(アデノシン三リン酸)という物質を作るために、コエンザイムQ10は欠かせません。食事から得たタンパク質や脂質、炭水化物は、消化吸収を経て体内のミトコンドリアという部分でATPに変換されます。

 

コエンザイムQ10はミトコンドリア内にも存在しており、ATPを生成する過程で欠かせない役割をするため、コエンザイムQ10が不足してしまうとうまくエネルギーを作り出せない状態になってしまいます。

 

筋トレ中にATPが不足してしまうと筋肉の分解が進んでしまったり、筋トレで疲れやすくなったり、疲労が残りやすくなったり、免疫力が落ちてしまったりと言った弊害があり、トレーニングのパフォーマンスを上げるためにも、風邪や疲労を避けるためにも、コエンザイムQ10は非常に重要なのです。ATPの合成促進作用により、以下のような効果が期待できます。

 

  • 筋トレ中のパフォーマンス向上
  • 筋肉の分解が減る
  • 疲労回復
  • 脂肪の燃焼

 

抗酸化作用

 

活性酸素の一部である悪玉活性酸素は、細胞やDNAにダメージを与え、病気を引き起こしたり老化を促進したりします。コエンザイムQ10は悪玉活性酸素から体を守る働きがあります。

 

活性酸素はミトコンドリアからATPが作られる際にも発生しますし、ストレス・紫外線・喫煙・過剰な運動などが原因で増加すると言われています。ストレスの多い現代社会は活性酸素が生成されやすい環境です。コエンザイムQ10は自身も抗酸化作用を持つだけでなく、抗酸化ビタミンとも呼ばれるビタミンEの働きを助ける効果もあるため、悪玉活性酸素から体を守るために大きな役割を果たしてくれます。

 

コエンザイムQ10の抗酸化作用により、以下のような効果が期待できます。

 

  • アンチエイジング
  • 肌のトラブルの改善
  • シワやシミの改善
  • 生活習慣病予防

 

コエンザイムQ10のその他の効果

上記のように様々な効果が期待できるコエンザイムQ10。更に以下のような効果もあると言われています。

 

心肺機能の改善・血圧の改善
コエンザイムQ10はもともとは心臓病の治療に使われていました。コエンザイムQ10は体全体に存在しますが、特に心臓に多く存在しており、心臓のポンプの働きを正常化する効果があると言われています。そのため心肺機能の改善や血圧を正常値に戻す効果が期待できます。

 

関節痛・骨粗鬆症の予防・改善
コエンザイムQ10は軟骨の細胞を活性化させる効果があり、関節痛や骨粗鬆症の改善効果も期待できます。年齢とともに軟骨がすり減ったり、骨密度が低下したりしてこれらの症状が起こりやすくなるので、特に中高年の方にもコエンザイムQ10の摂取は推奨されているようです。

 

コエンザイムQ10の副作用


1957年、エネルギーを生みだすための酵素を助ける補酵素としてコエンザイムQ10は発見されました。それ以来様々な実験が行われてきましたが、コエンザイムQ10の副作用は見つかっていません。

 

食品からも摂取できる成分ですし、体内でも生成されるコエンザイムQ10だけに、過剰摂取をしなければ副作用の心配は無いでしょう。ただし服薬中の方や通院中の方は医師の診断を仰いだ上で摂取したほうが良いのは言うまでもありません。健康な方であれば副作用を気にすること無く、コエンザイムQ10を摂取して頂ければと思います。

 

⇒コエンザイムQ10も摂取出来るマッスルエレメンツ詳細