コスパ抜群!ボディウイングプロテイン(ホエイ・ソイ)の成分と効果

 

プロテインを嗜むこと数十種類。アマゾンでボディウイングホエイプロテインを見つけた時には目を疑いました。あまりにも価格が安く、しかもタンパク質の含有率も約80%と高い。

 

今まで飲んでいたプロテインよりも更に安く、高タンパクの商品が存在したことに衝撃を覚えたのです。とにかく大量にプロテインを飲みたい方にとってはイチオシの商品になります。

 

 

ボディウイングプロテインについて【目次】

 

ボディウイングプロテインの成分と効果


ホエイと大豆(ソイ)の二種類があるボディウイングプロテイン。それぞれの成分と効果を解説します。

 

ボディウイングホエイプロテインの成分と効果

 

100g中にたんぱく質が78g含まれているボディウイングホエイプロテイン。たんぱく質含有率80%は優秀なプロテインの指標だと言えますし、何と言っても価格が圧倒的に安いので、コスパは抜群。

 

ビタミンB群が含まれていないのがネックではありますが、有名ブランドのプロテインの中にはビタミン類が一切含まれていないものも少なくありません。柑橘系のジュースと一緒に飲むか、マルチビタミンのサプリを一緒に飲むことで、たんぱく質の吸収率はアップするでしょう。

 

筋肉の原料となるたんぱく質が大量に摂取できるので、体を大きくしたい人にはピッタリでしょう。ホエイプロテインを摂取することで、筋肉痛の緩和や疲労の回復、食欲の抑制によるダイエット効果が期待できます。

 

ボディウイングソイ(大豆)プロテインの成分と効果

 

たんぱく質の含有率は84.6%と非常に高いボディウイングのソイプロテイン。価格を考えるとかなり高品質だと言っても良いでしょう。ソイプロテインに関しては好き嫌いがハッキリ分かれると思いますが、率直に言って僕はソイプロテインが苦手です。

 

ボディウイングの大豆プロテインに限らず、ドロドロしていて飲みにくいプロテインが多いのが事実。異常にお腹にもたれますし、ブドウ糖などで誤魔化してもまずい物がほとんど。

 

ダイエットしたい女性などにはソイプロテインは良いと思いますが、筋肉を増やしたい人にはホエイプロテインの方が良いでしょう。

 

そのままじゃまずいボディウイングホエイプロテインを美味しく飲むには


ミルク風味とうたっているボディウイングホエイプロテイン、水に溶かしてそのまま飲むと、お世辞にも美味しいとは言えない味です。ブドウ糖やココアパウダー、砂糖などを溶かして飲むのもよいでしょうし、ミールリプレイスメントやウェイトゲイナーと混ぜるのも一つの方法でしょう。

 

また、ミネラル類は配合されているもののビタミン類は配合されていないので、一緒にマルチビタミンのサプリメントを飲んだほうが吸収効率が上がるでしょう。それらを加味しても圧倒的にコスパが良いプロテインなので、プロテイン代をなるべく節約したい方、プロテインを飲みまくりたい方にはイチオシの商品ですよ。

 

どうしてもマズイと思う人や、飲むのが面倒で継続できないという人はマッスルエレメンツHMBを試してみて下さい。

 

>>マッスルエレメンツHMBの僕の口コミ

 

プロテインの1日の摂取量は?


 

僕が一番プロテインを摂取していた時期は、1日に5杯くらい飲んでいました。朝、食事と食事の間、トレーニング後、就寝前に飲んでいたのですが、前回の摂取や食事から3時間以上空いていて、プロテインを飲めるタイミングがあれば全て飲んでいたので、かなりの消費量でした。

 

3kgのプロテインが3週間で無くなるくらいだったので、プロテイン代もかさみました。ジムのスタッフ割引という特典を使い、安いけど溶けにくいタイプのプロテインを飲んでいたのですが、それ以上に安く、しかもしっかり溶ける商品があるとは。

 

プロテインの摂取量は年齢や体重、運動の強度によって変わってきますが、体重1kgあたり2gのタンパク質を毎日摂取することが推奨されています。体重50kgの方であれば100gのタンパク質ですが、食事だけでこれを補うのは難しいので、プロテインを摂取することが有効。

 

プロテイン1杯には約20gのタンパク質が含まれていますので、食事量によって個人差がありますが、平均的には1日に1〜3杯といったところでしょうか。1日1杯なら約5ヶ月で3kgが、1日3杯なら8週間弱で3kgのプロテインが消費されますが、その際のコストをどう考えるかですよね。

 

面倒くさがりの人にはボディウイングホエイプロテインよりもマッスルエレメンツHMB


 

コスパという面では非常に優れているボディウイングホエイプロテイン。ただし水には溶けにくいですし、味も美味しくないので、飲みにくいプロテインである事は間違いありません。シェーカーを洗う手間や持ち運びのストレスを考えると、ある程度マメな人でないと活用できないでしょう。

 

プロテインに挫折する人は少なくありませんが、面倒くさがりの人はもちろん、そこまでものぐさでも無い人でも、平気でプロテインをダメにしてしまうことはあります。飲みきる自信が無い場合はマッスルエレメンツHMBを選んだほうが間違いなく良いと言えるでしょう。

 

>>マッスルエレメンツHMBを実際に飲んだ現役トレーナーの口コミ

 

ボディウイング販売者情報

製品名 ボディウイングホエイ/大豆プロテイン
製造者 株式会社アスウェル
住所 神奈川県横浜市中区長者町3−8−13
電話番号 0120−85−8176